病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のお知らせ 受信患者さんへ 受信患者さんへ
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
病院の指標
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
 
病院広報誌
自治医科大学地域医療後期研修プログラム地域研修医療機関認定
自治医科大学附属病院 地域連携協力施設
独協医科大学病院 医療連携協力施設
栃木県立がんセンター 医療連携施設
独協医科大学日光医療センター
jcho本部

経鼻内視鏡検査を希望される患者さんへ

平成27年4月より鼻から入れる内視鏡検査が可能となります。

経鼻内視鏡のメリット

nasal_endoscope_photo1

外径5mm大の超細径ビデオスコープ

nasal_endoscope_photo2

経鼻内視鏡の問題点

●挿入不能例がある
 ○若年女性は注意
●画質が悪い
 ○低解像度・明るさ不良
 ○水切れ不良
●鉗子口が狭い
 ○吸引・送気・洗浄に時間がかかる
 ○生検組織が小さい

経鼻内視鏡の偶発性

●鼻痛(20~40%程度)
●鼻出血(1%前後)
 抗凝固剤服用中や肝硬変の方は注意
●アレルギー(麻酔薬など)
●抜去困難症例(数千人に一人)

【日本消化器病学会HPより】

※経鼻内視鏡が不向きな方もいらっしゃいます。その場合経口内視鏡へ変更させていただきます。
 詳しくは担当医にご相談下さい。

PageTop