病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のお知らせ2018-4
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
病院の指標
バリアフリー情報
情報公開
個人情報保護方針
 
病院広報誌
自治医科大学地域医療後期研修プログラム地域研修医療機関認定
自治医科大学附属病院 地域連携協力施設
独協医科大学病院 医療連携協力施設
栃木県立がんセンター 医療連携施設
独協医科大学日光医療センター
jcho本部

栄養管理室

栄養管理室紹介 | 栄養管理 | 栄養食事指導 | 入院中のお食事 | チーム医療 | 研修生・実習生の受け入れ

栄養管理室紹介

栄養管理室は、病院1階、西口すぐの場所にあり、栄養相談室・調理室も隣接しています。
診療協力部門として、病院に3名・老健に1名の常勤の管理栄養士が在籍し、入院患者さま・入所者さまの栄養管理、栄養食事指導、給食管理等の業務を行っています。
“栄養”という観点から、皆さまのお身体をサポートしています。

栄養管理

入院患者さまの栄養管理は、多職種と協力して、栄養スクリーニング・アセスメント
(栄養状態に関する問題の有無を確認し、評価する作業)を行っています。
その結果、特別な栄養管理が必要となった患者さまには、栄養管理計画書を作成し、
病態・身体状況・食事摂取状況等を考慮しながら、主治医と相談の上、食事サポートや
栄養食事指導を行っています。
また、より専門的な知識を要する疾患の栄養管理や、経腸栄養・静脈栄養の管理には、
NSTという、栄養に特化した多職種からなるチームでの栄養サポートも行っています。
ミールタイムラウンド~ミールタイムラウンドの様子~

栄養食事指導

『医師から食事療法について話を聞くように言われた。
太り過ぎてしまったので健康的に痩せたい。
痩せてしまったので栄養状態を良くしたい。
嚥下状態が良くないので食べやすい食事形態を知りたい。
退院後の食事はどうしたら良いのか知りたい。
宅配食や栄養補助食品の購入先を知りたい。』
等、栄養・食事に対する相談をお受けしています。
ご希望の方は、主治医へ“栄養指導希望の旨”をお伝えいただき、
ご予約のうえ、栄養相談室へお越しください。
平日9:00~16:00の間で、予約制で行っています。
栄養食事指導

入院中のお食事

1日約450食のお食事を提供しています。
安全に、安心してお召し上がりいただけるよう、衛生面に配慮しています。
また、選択食や季節ごとの行事食を取り入れることで、お食事を楽しんでいただけるよう心掛けています。

【給食委託】

当院では、給食業務を西洋フードコンパスグループ(株)へ委託し、病院管理栄養士と連携して食事づくりをしています。
【配膳時間】

朝食 8:00 ・ 昼食 12:00 ・ 夕食 18:00

【温度管理】

温冷配膳車を使用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たくお届けしています。
配膳車
~温冷配膳車~
【選択食】
毎週木曜日の朝食時、バランス食の方を対象に選択食を行っています。
“ごはんメニュー”か“パンメニュー”か、どちらかをお選びいただけます。
~選択食の例~
選択食1 選択食2
【行事食】
入院生活が長くなると、日にちの感覚や季節の移り変わりに疎くなりがちです。
食事を通して、少しでも季節の移り変わりを感じていただけるように、そして、“食べること”を楽しんでいただけるように、毎月2回
以上、行事にちなんだお食事を取り入れています。
2017年は、デザートのみの変更も含めると、合計45回の行事食を実施しました。

~行事食の例~
栄養の日
栄養の日
山の日
山の日
重陽の節句
重陽の節句
十三夜
十三夜
ハロウィン
ハロウィン
ボジョレー・ヌーヴォー解禁日
ボジョレー・ヌーヴォー解禁日
【お食事相談】
食がすすまない・形態が合わない・食べられないものがある等、お食事でお困りの際は、ご相談ください。
管理栄養士(または委託会社の栄養士)がベットサイドへ伺い、個別に対応いたします。
~個別対応の例~
*好き嫌い:
栄養を考慮して作成している献立です。基本的には、お召し上がりいただきたいと考えています。
「どうしても食べられない」という場合に限り、代替品や除く(抜き)対応をしています。
*離乳食:
月齢に関わらず、お子様ひとりひとりに合わせた食形態や味付けで提供しています。
入院時、栄養士が伺いますので、ご要望がありましたらお伝えください。
*アレルギー:
程度に応じて、完全除去(禁止)もしくは、その物のみを除く(抜き)対応をしています。
食 種 特 徴




*バランス食
*バランス軟菜食
栄養バランスに配慮した、一般的な食事。
常食(軟菜は全粥食)。
エネルギーは1200から2500kcalの間で100kcal毎に調整。
コレステロール値300mg以下。
低プリン体。
*ハーフ食
*ハーフ軟菜食
食事摂取量の少ない方向けの、量を少なく調整した食事。
基本食:バランス(軟菜)1700の半量の食事。
*バランス軟菜5分粥食
*3分粥食
*流動食
消化機能回復期の上がり食。
*学童食
*幼児食
*離乳食
0~15歳に対応した食事。
*摂食・嚥下訓練食 摂食嚥下障害のある方に対応した食事。
※下記、摂食・嚥下訓練食について参照。
*セレクト食 患者さまのご希望に合わせた個別対応のお食事。
*遅食 検査等の理由により食事提供時間に遅れる際の食事。




*バランス食
*バランス軟菜食
*バランス軟菜5分粥食
栄養バランスに配慮した、一般的な食事。
常食(軟菜は全粥食)。
エネルギーは1200から2500kcalの間で100kcal毎に調整。
コレステロール値300mg以下。
低プリン体。
糖尿病・脂質異常症・高度肥満・高尿酸血症・慢性肝炎・肝硬変代償期
*減塩バランス食
*減塩バランス軟菜食
*減塩バランス軟菜5分粥食
内容はバランス食(バランス軟菜食)に準ずる。
塩分6g未満。
高血圧(非加算)・心臓病・軽度腎症・慢性肝炎・肝硬変代償期
*易消化食
*減塩易消化食
食物繊維の多い食品や多脂性食品を控え、消化しやすい蛋白源を用いた食事。
※減塩は塩分6g未満。
胃術後・消化器術後・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
*消化器術後食
*消化器術後6分割食
*減塩消化器術後食
*減塩消化器術後6分割食
多脂性食品を控え、消化しやすい蛋白源を用いた食事。
※減塩は塩分6g未満。
胃術後・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
*低残渣食Ⅰ
*低残渣食Ⅰ減塩
食物繊維の多い食品や多脂性食品を控えた食事。
※減塩は塩分6g未満。
消化器術後
*低残渣食Ⅱ
*低残渣食Ⅱ減塩
食物繊維・脂質・腸内発酵食品の使用を極力控えた食事。
※減塩は塩分6g未満。
潰瘍性大腸炎・クローン病
*蛋白調整食 蛋白質量別に、30・40・50・60gに調整。
塩分6g未満。
カリウム40mEq以下。
リン600mg以下。
腎臓病
*脂肪調整食
*脂肪調整食軟菜
*減塩脂肪調整食
*減塩脂肪調整食軟菜
脂質30g以下に調整。
※減塩は塩分6g未満。
急性肝炎・慢性膵炎・閉塞性黄疸
*肝不全軟菜食 アンモニア産生を抑えるため低蛋白で、食道静脈瘤へ配慮した軟らかい食材・
調理法を選択した食事。
腹水や浮腫を考慮し、塩分6g未満。
血中アンモニア高値者・アミノ酸製剤使用者・肝硬変非代償期・肝不全
*貧血食 鉄分を強化した食事。
鉄欠乏性貧血
*大腸内視鏡検査食 大腸検査の前処置のための低繊維・低脂肪に調整された食事。
キット製品。NewサンケンクリンⅡを使用。
大腸内視鏡検査受診者

摂食・嚥下訓練食について
噛みにくい・飲みこみにくい等でお困りの患者さまへ、摂食・嚥下訓練食の対応をしています。
従来のきざみ食は、口の中でまとまりにくく、バラバラになり、かえって誤嚥のリスクが高まることがわかってきました。
そこで、当院では、平成18年度より嚥下食ピラミッドに準拠した献立作成を開始し、L1からL4と、段階を分けたお食事を
提供しています。

※今後、診療報酬の改定に伴い、学会分類2013の対応へ移行する予定です。

【学会分類2013と嚥下食ピラミッドの比較表】
学会分類
 
L1 *嚥下食L1 ⇒ 学会分類2013の嚥下調整食1jに相当。
~献立例~
重湯ゼリー・スープゼリー・ゼリー・うめびしお等。
L2 *嚥下食L2 ⇒ 学会分類2013の嚥下調整食2-1に相当。
~献立例~
ソフト粥・スープゼリー・ムース状カップ食品・ゼリー・うめびしお等。
L3 *嚥下食L3ペースト ⇒ 学会分類2013の嚥下調整食2-2に相当。
~献立例~
全粥・ミキサーにかけたペースト状のおかずやフルーツ缶詰等。
L4 *嚥下食L3 ⇒ 学会分類2013の嚥下調整食3に相当。
~献立例~
全粥・すまし汁(とろみ付)・筑前煮(嚥下食用の軟らか食材使用・
とろみ付)・お浸し(圧力鍋を使用し軟らかく調理・とろみ付)・
抹茶ムース(飾り用のあんこは、こしあんを緩くのばして使用)。
L5 *嚥下食L4(ソフト食) ⇒ 学会分類2013の嚥下調整食4に相当。
~献立例~
全粥・すまし汁(具は麩を使用)・筑前煮(圧力鍋を使用し軟らかく調理)・
お浸し(圧力鍋を使用し軟らかく調理)・抹茶ムース(飾り用のあんこは、
こしあん使用)。
L6 *バランス食(一般的なお食事)
~献立例~
ごはん・すまし汁・筑前煮・お浸し・抹茶ムース。

濃厚流動食について

経鼻・経食道・胃瘻栄養等に用いる濃厚流動食は、患者さまの病態に合わせて使い分けられるよう、複数の製品を採用しています。
現在、当院で採用している濃厚流動食は下記の通りです。(これ以外に、医薬品の経腸栄養剤もあります。)
その他、病態用濃厚流動食につきましては、随時、検討・対応しています。

製品名   メーカー パッケージ  特徴




*MA-8プラス
300kcal
400kcal
(株)クリニコ 1kcal/1ml
半消化態栄養。
NPC/N:131
*サンエット-2.0
400kcal
 ニュートリー(株)   2kcal/1ml
半消化態栄養。
NPC/N:131
*ハイネイーゲル
300kcal
400kcal
 (株)大塚製薬工場   0.8 kcal/ml
消化態栄養。
NPC/N:131
pHの低下により液体からゲル状に流動性が変化。
*PGsoft EJ
300kcal
400kcal
 テルモ(株)   1.5kcal/g
半消化態栄養。
NPC/N:131
粘度20,000mPa・sの半固形。
亜鉛・銅含有の栄養機能食品。
*ペプタメンスタンダード
        300kcal
 ネスレ日本(株)   1.5kcal/ml
消化態栄養。
NPC/N:154
無残渣。
*ペプチーノ
        200kcal
 テルモ(株)   1.0kcal/ml
消化態栄養。
NPC/N:149
無脂肪・無残渣。
*リカバリーAmino
        200kcal
 ニュートリー(株)   1kcal/1ml
半消化態栄養。
NPC/N:100
*プルモケア-Ex
        375kcal
 アボットジャパン(株)   1.5kcal/ml
半消化態栄養。
NPC/N:125
亜鉛・銅・ビタミンE含有の栄養機能食品。
*グルタミンCO  アイドゥ(株)   グルタミン・亜鉛含有の栄養機能食品。
*GFO (株)大塚製薬工場   グルタミン・ファイバー・オリゴ糖含有の粉末清涼飲料。
栄養補助食品について
通常のお食事だけでは、充分な栄養量を摂取できない患者さまのために、補助食品を取り揃えています。
~採用品の例~
主な用途 製品





 *エネルギー強化
 *蛋白質強化
 *微量元素強化
 *食物繊維強化  
 *低蛋白・エネルギー強化
 *とろみ剤  

チーム医療

院内に複数あるチーム医療のうち、管理栄養士は下記のメンバーとして活動しています。
栄養サポートチーム(NST)
NSTは、Nutrition Support Teamの頭文字をとった略称です。
医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・リハビリテーションセラピスト・事務員等で構成されています。
患者さまの全身状態から栄養評価を行い、その方に合った栄養療法の提案をしています。
食事だけではなく、経腸栄養や静脈栄養での栄養管理も行っています。
 
褥瘡対策チーム
医師・皮膚排泄ケア認定看護師・看護師・薬剤師・管理栄養士・リハビリテーションセラピスト・事務員等で構成されています。
褥瘡(床ずれ)の評価を行い、創傷治癒へ向けた栄養療法の提案をしています。
 

研修生・実習生の受け入れ

下記の研修生・実習生を受け入れております。
*静脈経腸栄養(TNT-D)研修会・栄養サポートチーム担当者研修会の認定教育施設における研修
*栄養士・管理栄養士養成校の臨地実習

2018.1.1現在
PageTop